交通事故の後遺症

交通事故での後遺症は、
追突でムチウチのような状態に
なったというものから、

植物人間になり自分の意志では
動くこともできないような状態に
なったりと実にさまざまです。

病院での適切な治療を受けたにも関わらず、
小さな痛みが残ってしまうのも後遺症といえます。

大小さまざまあるのですが、
後遺症として認定されれば、
補償を受けることができるのですが、

なかなか後遺症があるとして
認定されない場合や、

自分の後遺症に見合った
等級の認定を受けられずに、

不自由な生活を強いられるような
場合があるのが現実です。

もしも事故の被害に合わずに
後遺症のない一生を送っていれば、

得られるはずだったであろう利益の賠償には、
本人の体の状態に見合った等級が
正しく認定されることが必要になるのです。

また、後遺症の場合は
事故が原因でおきた症状が、
しばらくしてから発症するケースもあるので、

一時点で適切な等級の認定を受けていても、
後々発症した後遺症が見合った
等級になっていないといった事も
起こりえるのです。

交通事故紛争にも色々な背景がありますが、
その時に応じて適切に対応したいものです。