交通事故 人身事故

交通事故の人身事故の場合は、
物損事故や車同士の事故とは違い、

ほとんど運転していた者が
過失があるとされてしまうのが人身事故です。

被害を受けた側は、
治療または通院が必要になったり、
精神的な負担を強いられたりすることでしょう。

人身事故により死に至るケースも
少なくはありません。

被害をうけた側が怪我を負った場合は、
事故が起きてしまった過程や

怪我がどの程度なのかによっては
刑事上の責任に問われる事もあります。

しかし、被害者側から加害者への
罪を軽減してほしいという申し出がある場合があります。

そのような事があると、
刑事上責任を負わない場合もあるのです。

ですので事故を起こした後の
現場での処置や相手方への配慮が
とても大事になってきます。

現場で即座に行動して
相手を介保すれば怪我が
軽減される場合も考えられますし、

通院中のお見舞いなど
被害者へのフォローを大事にしておくと

被害に巻き込まれた側の気持ちも
少しは穏やかなものになり、
そのあとの和解へもスムーズに進むことでしょう。

交通事故紛争にも色々な背景がありますが、
その時に応じて適切に対応したいものです。