交通事故と弁護士

交通事故と弁護士とは、
縁の深いお話になるのかもしれません。

交通事故の被害にあい、
保険会社から示談の提示をされた際に

それが妥当な金額か?
初めて経験する方はだいたいの相場など
わからないケースがほとんどでしょう。

また、被害にあったあとどうしていいか
右も左も見えない状態になってしまう方も
当然いるはずです。

そんなときに法律相談に
のってくれるのが弁護士です。

これからどう行動すればよいか、
加害者側にどういった請求ができるか、

損害賠償の金額は妥当か、
増額は可能かなどといった事を説明してくれます。

さらに弁護士には
交渉の代理という役割も依頼できます。

交渉に自信がない場合や、
精神的な負担が大きく

そのような状態で相手側との交渉に
のぞめない人には依頼するのがお勧めです。

また示談交渉で解決しなかった場合は、
裁判にまで持ち込まれます。

もちろん裁判になれば期間も金銭も多くかかりますが、
保険会社から提示される金額よりも
裁判所での判断額の方が高額なのが一般的です。

適正な金額補償を求めるなら
依頼したほうがいいでしょう。

交通事故紛争にも色々な背景がありますが、
その時に応じて適切に対応したいものです。