交通事故と保険

交通事故と保険は
切っても切り離せない関係にあります。

事故をひき起こした時に
被害側から請求される損害賠償は
保険会社とのやりとりで支払われます。

そういった意味では交通事故と
保険会社はとても密接な関係でしょう。

事故現場ではまず
被害者の救護と現場の安全の確保、

警察を呼ぶのが義務として優先されますが、
保険会社への連絡も早めのほうがいいです。

交通事故をおこした際に
大きくかかわる保険の種類があります。

人身事故に適用され、強制的に加入が
義務づけられている自賠責保険。

同じように人身事故でケガを負わせてしまったり、
死亡させてしまったりした時に、

自賠責だけで損害がカバーしきれなかった場合に
上乗せして保険金が支払われる
任意の保険の対人賠償保険。

人的被害を除く部分にたいしての補償がつく、
対物賠償保険というのがあります。

もしも大きな事故を起こした場合は、
任意で加入する保険も必要になってきます。

事故が起きないのが一番いいのですが、
もしも事故を起こした時
あるいは巻き込まれた時にそなえて、

保険の知識を少しでも身につけておくと
示談交渉もスムーズにこなせるはずです。

交通事故紛争にも色々な背景がありますが、
その時に応じて適切に対応したいものです。