交通事故でのむちうち

交通事故でのむちうちの症状は、
皆さんもよく聞く話なのではないでしょうか。

交通事故の追突などでよくある頸椎の捻挫、
いわゆるむちうちと呼ばれる症状です。

むちうちの症状は自覚症状のみの
軽度のものから
後遺障害が残るような重度のものがあります。

追突事故が起きたその時は
大した痛みがなくても、

後々どのような症状が
出てくるかはわからないので、
ひとまず病院に行くことは大事です。

症状の判断も難しい場合があり、
程度の低いものだとコルセットの必要もなく、

ほんとに痛いのか?といったように、
けが人として扱われないような
困ったケースもあるみたいです。

また、被害者側が被害の大きさの
主張をするためにわざと大げさに痛がり、

示談の話し合いや交渉の際に
請求額を増やそうとするケースがあるんです。

実際追突でむちうちの事故にあった方の
お話を聞いたことがあるのですが、

1か月程度で激しい痛みや
生活に支障をきたすような事はなくなったが、
鈍い痛みが残るみたいです。

やはり完治するまで通院して、
しっかり相手側と交渉の際に
請求したほうがいいでしょう。

交通事故紛争にも色々な背景がありますが、
その時に応じて適切に対応したいものです。