交通事故での死亡

交通事故での死亡は非常に多く、
交通事故の発生件数は、

車の普及などにともない増加していき、
年間約90万件近くも
記録した年もあるとされています。

その後はガソリンの高騰から交通量が減少したり、
交通規制の強化などで
事故の頻度は軽減されているみたいですが、

毎年この交通事故の中に
沢山の死亡事故が含まれています。

死亡事故を起こしてしまうと、
被害者の遺族への莫大な慰謝料がかかります。

飲酒運転、無免許運転、居眠り運転といったような
加害者側の悪性な事情により
その慰謝料が増額されるのも認められているのです。

事故が起きた過程に関わらず、
死亡事故の被害者側、加害者側は
事故後どちらも精神的な負担が計り知れません。

被害者側はその後のお葬式や、
その他の手続を悲しみの
最中に行わなければいけません。

当然怒りや憎しみの感情を持っていても
事故を起こした本人とも
直接関わってやり取りを続けないといけないのです。

加害者側も莫大な慰謝料とは別に、
葬儀費用の支払いや被害者が

入院後に死亡した場合にいたっては
医療費も負担しなければなりません。

交通事故紛争にも色々な背景がありますが、
その時に応じて適切に対応したいものです。