交通事故の紛争

交通事故紛争は誰しも起こりうる事なのです。

多くの家庭が1台は所有している車やバイク。

大変便利で今ではなくてはならない
交通手段になっていますが、
それにともなったリスクもあるのが事実です。

テレビのニュースでは
ほぼ毎日のように交通事故の報道が行われていますが、

いつどのような時に
自分の身にふりかかるかわかりません。

物損の事故や人身の事故と
交通の事故でもあらゆるケースが考えられます。

私自身は人身事故の被害者になった経験がありますが、
そのあとの加害者側とのやりとりが長引いて、

しばらくは直接関わり、
連絡をとり合った記憶があります。

加害者被害者の双方が
納得のいく形で和解するまでは、

保険会社の担当者や弁護士など
和解の仲介に入る人たちもいます。

それでも和解にいたらない時は
裁判にまで発展するというケースもあります。

そうなると解決までの期間もとても長く、
費用も多くかかり、
精神的な負担も大きくかかりそうです。

初めて交通事故にあう方や
起こした方には
とてもややこしく難しく感じる問題です。

交通事故の賠償

交通事故の賠償は
きちんと理解しておくべきでしょう。

交通事故を起こしてしまうと、
運転していた本人はもちろんのこと

加害車両の所有者まで
損害賠償責任を負う場合があります。

また、道路の欠陥などにより
起こった交通事故の場合は、

その道路の管理者が損害賠償責任に
問われるというケースもあります。

被害にあった人はこれらの所有者や使用者、
責任者といった人に
損害賠償を請求できるのです。

強制的に加入している自賠責保険の賠償の請求は、
必要な書類などをそろえて保険会社に請求できます。

請求は基本的には加害者側が行いますが、
支払い能力がなかったり、

支払う誠意が見られない等の
例外があった場合は、
被害者側からの請求を行うことができます。

もし加害者が任意で加入する保険に入っている場合は、
そちらの保険会社への請求も可能になっています。

ただし、保険会社への請求には
期限が決まっているので
期限内に請求を行うという事も注意する点です。

また、車両、建物といった
物損なども賠償請求ができます。

交通事故紛争にも色々な背景がありますが、
その時に応じて適切に対応したいものです。